icon-ajustericon-button-addListicon-button-attentionicon-button-bidirectionicon-button-binocularsicon-button-blockicon-button-cameraicon-button-carticon-button-commenticon-button-dooricon-button-downicon-button-dustboxicon-button-fontSizeicon-button-lefticon-button-mailicon-button-minusicon-button-playicon-button-plusicon-button-premiumicon-button-recordingicon-button-reloadicon-button-righticon-button-stopicon-button-surveyicon-button-tipicon-button-upicon-button-videoicon-button-webCameraicon-carticon-checkicon-comment-officon-commenticon-crossicon-crownicon-fontColoricon-fullscreen-officon-fullscreenicon-grabicon-helpicon-info-circleicon-info-personicon-info-playCounticon-info-videoicon-microphone-loudicon-microphone-lowicon-microphone-muteicon-mode-fiticon-mode-normalicon-mode-wideicon-moreicon-pointicon-premiumicon-reloadicon-s-foldicon-s-surveyicon-s-upicon-surveyicon-tabBlockicon-tabCommenticon-tabSettingicon-toolicon-twowayVolume-loudicon-twowayVolume-lowicon-twowayVolume-muteicon-video-loudicon-video-lowicon-video-muteicon-volume-loudicon-volume-lowicon-volume-muteison-s-down
Login or Sign Up (FREE) to gain access of all features.

Video

走れアヌス

 

2017年映画ベスト10と2017年クソ映画ベスト10発表しますので、休日観る映画の参考にでもどうぞー。 10位『レゴバットマン ザ・ムービー』 笑って、泣けて、胸が熱くなるエンターテイメント大作っていうのはこういうものを言うんですよ、三〇幸喜さん。レゴだからこそできる映像表現、巧すぎるキャラクターさばき、メリハリのあるシナリオ。どれをとっても一級品。万人に躊躇なく薦められる。 9位『ハードコア』 全編一人称視点のアクション映画。執拗に人肉が吹き飛び、臓物がひっくり返り、血飛沫が上がる。どうやって撮ってるのか見当もつかない映像の連続は、まさしく映像革命。挙げ句の果てに超能力やクローン軍団まで飛び出し、最高の一言。オチも完璧。ただ酔う。めちゃくちゃ酔う。 8位『勝手にふるえてろ』 今までは全くそんなことなかったんですが、この映画を観た後、松岡茉優ちゃんが性的にしか見えなくなりました。誰だって松岡茉優が好きになる。アンモナイトも好きになる。絶賛公開中。ぜひ。 7位『BABY DRIVER』 みんな大好き車映画。イケてる車、イケてる女、イケてる音楽、イケてる悪役。こんなもん最高に決まってんだろ。圧倒的音ハメに終始ゾクゾクしっぱなし。音楽と映像がマッチするたび射精しそうになる、というか射精する。冒頭カーチェイスと音ハメ銃撃戦を観るまでは死ぬな。 6位『哭声/コクソン』 ふんどし姿の國村隼がものすっっっっっっっっっっごい速さで追いかけてくる映画。二転三転に止まらず四転五転するストーリーは、観る者に『お前の想像力なんざそんなもんだよ』と突きつけているよう。カオスながらもしっかり面白い、世界中の國村フォロワー必見の怪作、快作。 5位『ELLE』 クセがすごい。冒頭で主人公が覆面男にレ◯プされ、その後 寿司を頼む。クセがすごい。そのクセがたまらない。不謹慎で何が悪いのか。不道徳で何が悪いのか。こちとら変態が見たいから映画観てんだよ!!!ひっこめ倫理!!!このようにこの映画には思い出すだけで錯乱させる力がある。 4位『聖なるもの』 予告編にヤられた。本編にもっとヤられた。正直なんで4位に選んでるのかも分からないし、何がスゴくて、何が素晴らしかったのかも分からないけれど、この映画を死ぬまで忘れないのは確か。センスに足が生えて、こっちに来た。あと可愛い子いっぱい。 3位『ラ・ラ・ランド』 とある映画で ”ドラ泣きしませんか?” なんて下品なウ◯コキャッチコピーがありましたが、言わせてください。この冬、ララ泣きしませんか?ラストシーンで号泣しなかったやつはマグロ。そんな女捨てろ。この映画をまだ観てない人は「夢を見ていた」これさえ言えれば大丈夫。 2位『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』 フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ 1位『そうして私たちはプールに金魚を、』 頭一つ抜けてた。 続いて、何かの間違いでも絶対に観てはいけない映画たち、2017クソ映画ベスト10いきまーす。 10位『本能寺ホテル』 毒にも薬にもならない映画。観終わった後、何も残らない。どこかで聞いたことある話に、どこかで見たことある画。白湯。白湯だ、これは。大きく褒めるところも大きく貶すところもない。感想なし。感慨なし。 9位『トランスフォーマー/最後の騎士王』 機械!プロレス!そろそろ!限界!脚本!破綻!何と!戦い!何の!ために!戦ってる!のか!よく!分からん!続編!勘弁! 8位『ドクター・ストレンジ』 天地がひっくり返る映像、スゴイ。サイケデリックな異空描写、スゴイ。スゴイ。スゴイ。スゴイ。ただスゴイ映画が必ずしも ”おもしろい” 映画とは限らない。 7位『メアリと魔女の花』 ジブリの皮を被ったバケモノ。ジブリにおける新鮮かつオリジナリティー溢れる映像表現は皆無。主人公は愛せない方の馬鹿。エンドロールに「感謝 宮崎駿 高畑勲 鈴木敏夫」という文字が流れてきた時は震えた。感謝する前にもっとやるべきことあったと思いますよ。 6位『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』 この映画は妻夫木聡演じる民生ボーイと水原希子演じる狂わせガール、この2人にハマれるかどうかで評価が大きく分かれる。僕はハマれなかった。繰り返されるサブカルへの目配せや扇動的な音楽の使い方に胃もたれ。くどい。くどすぎる。 5位『あさひなぐ』 余りにも映画的魅力に欠ける。乃木坂が見たいなら『悲しみの忘れ方』を観ればいいし、傑作スポ根が観たいなら『ちはやふる』を観ればいい。この映画はどの需要も満たさない。たしかに乃木坂は画がもつけれど、それは乃木坂が可愛いだけで、キャラクターに魅力があるわけじゃない。 4位『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』 岩井俊二の原作ドラマはこだわりまくった映像と役者の細やかな演技が評価された。この映画はその原作の良さを殺しまくってる。挙げ句の果てに売れ線役者に声優をやらせ、売れ線歌手に主題歌を歌わせ「君の名は」の後追い路線に乗る始末。救えない。 3位『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』 俺の好きなハイローを返せ!!!アクションは大幅に削られ、代わりに退屈な陰謀云々の話が進む。大好きなバッキバキのステーキ屋に来て「ウチこんなのもできるんすよ...へへっ 笑笑」と蕎麦湯を出されている気分。大好きなシリーズだからこそ本当に残念。 2位『GODZILLA 怪じゅう惑星』 ゴジラである必要があったのか。この映画におけるゴジラは巨大プリンに置き換えても差し支えない。ゴジラを名乗るからにはゴジラ映画であってほしかった。主人公も今時な感じで、いつ「駆逐してやる!」と叫び出すかとヒヤヒヤした。さぁ みんなでシンゴジラを観よう!!! 1位『DESTINY 鎌倉ものがたり』 身体に悪い。 以上。最後まで御高覧頂きましてありがとうございました。

Display text
走れアヌス
Age
Unspecified
Gender
Unspecified

ラストまで出勤してアゴがつかれた… 明日はオープンからいます!お兄さんの指名お待ちしてます!

Viewing Users

Copyright(c)1999 FC2, Inc. All Rights Reserved.